人気ブログランキング |
<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
原点に戻ってはじめよう。
平山、エバウド、ワンチョペ、ルーカス、福西、今野、伊野波・・・。
CKから彼らのヘディングシュートという絵を思い描いて、
『EL CABEZAZO』
という題名のBlogにしてみたのだが、
めちゃめちゃ期待はずれです。

彼らの空中戦は絶対的な武器だと思うんだけど、
FW2人が試合に出る以前の問題だし、サイド攻撃からのクロスはしょぼいし、
いいクロスが入ったと思ったら中に誰も居ないし、
エバウドは試合に出ないままブラジルに帰っちゃっていつ帰ってくるかわかんないし、
CKを取ろうという意志もあまりないし・・・。

そもそも、一昨年、去年と降格していったチームにも負けるという、J1屈指の弱さという現実があるにもかかわらず、ほとんどまぐれ勝ち勝利のイメージだけで、それが本当の実力と思い込んでしまっている所に、根本的にボタンの掛け違いがあるのではないか。
本当の実力というのは苦しい時にこそ現れるもので、勢いで勝ってるのを本当の実力だと思っているようじゃ駄目でしょう。

自分たちは実力が無い、だから相手より一生懸命走る、厳しくプレスに行く、リスクを負っても前に出る、チームプレイで勝つ、相手を研究してなんとか工夫して勝つ。
そういった姿勢が欠けていると言わざるを得ないでしょう。

選手も監督もここ2,3年よく言ってますが、「FC東京の本来の力を出せば勝てる」と思ってるところに勘違いというか驕りがあると言わざるを得ないでしょう。

モチベーションを上げて積極的に戦って、ようやく勝ちを拾えることもあるというチームだったということを忘れてやいませんか?

攻撃的に戦って勝ったり負けたりするチームから脱却しようという方針と、東京らしいサッカーをする事と、原博実の目指すサッカーと、福西とかワンチョペの補強はやってる事がバラバラじゃないですか?

開幕戦攻撃的に行ってカウンターで沈み、二戦目消極的なサッカーで勝ちを拾って、そのまま
怖がったサッカーをやってていいんですか?

これ以上負けなくても、対戦相手よりも能力が低いとか弱いという現実は直視して、謙虚にそこから始めるべきだと思うが。
by el_cabezazo | 2007-04-09 12:44 | FC東京