人気ブログランキング |
カテゴリ:スカウティングメモ( 1 )
ジュビロ磐田
オープンソースから情報収集。

第1節 柏 4-0 磐田

前半は4-3-1-2。
菊池、ファブリシオ、マルキーニョス・パラナの3ボランチが引き過ぎ、
前線と絡めず攻撃が機能せず。菊池・パラナには前に行かせたかったが。

後半はファブリシオが怪我の為交代せざるを得ず(→カレン)
それに伴いシステム変更4-2-2-2。
だが、ポジショニングに問題があった。

柏が守備でも先手を取りアグレッシブだった。
2トップ(西、太田)にボールが収められず、ずるずる下がる。

点を取りに行った磐田は、左SBに村井投入(西→村井)。上田を高い位置に上げる。

守備からのビルドアップ、中盤のプレスが課題。
守備崩壊というより、攻撃のリズムが悪いとの見方も。


第2節 磐田 2-1 大分

前半、4-2-2-2。
ボールの動きが早すぎた。もっとボールを繋ぐサッカーがしたい。

後半先制後、柏戦の最初の形3ボランチに。
意図は繋ぐゲームをすること。

サイドからも仕掛けたかったので
カレン→犬塚、パラナに中盤の守備。
犬塚投入はオーバーラップして攻撃を活性化させる意図。

西→中山はポストプレーから二列目が上がっていく意図。

パラナを右SBで先発させた理由は、相手の特徴を消すため。
後半は相手の左サイドからのサイドチェンジが多かったので、
左SBに入れ、上田を中盤に上げた。

3トップにしてきた相手のロングボール対策で、成岡→DF大井

選手は先制点を取れば勝てると自信を持っている。
FWには高さが無い。速さがある。

攻撃が上手く行った理由
・カレンが真ん中で、その周囲を西、太田、成岡らが自由に動く中でパスコースが増えて、
前線にボールが収まる。
・大分は柏ほど中盤のプレスがきつくなかったのでサイドのスペースに出て行けた。
・パラナが中に絞って守備をするので、ボランチの菊地やファブリシオが思いきって攻撃参加出来た。
・2列目が2人並ぶのは去年からやっているので、やりやすい。

マルキーニョス・パラナは試合中に、右サイドバック→中盤→左サイドバックをやる。
(アジウソンのサッカーではポジションチェンジは普通)

シャムスカ監督の見た今回の磐田の強み。
1対1で相手を抜ける。
リスクを負った中で、ディフェンスはしっかり人数を揃えられる。

アジウソン監督
前線3人の守備が課題。
試合中のシステム変更についてその意図を浸透させたい。
by el_cabezazo | 2007-03-15 13:57 | スカウティングメモ