人気ブログランキング |
鹿島がキビキビ動いてた件
やれば出来るじゃん!出来る子じゃん!

ソガハタが通常のソガハタより3倍早い!
シャー専用赤いソガハタだ!

もっとのらりくらりと、出来るだけプレーしない時間を長く取る。
転んだら起きない、判定にはいちいち文句言う。
しかしリスタートと攻撃の芽を潰しに来るのは超早い。
それが鹿島だったはず。

しかし、今回のそれは鹿島のサッカーじゃないわけで、
点差以上にFC東京ペースだったと思う。

何が狂ったかといえば、最大の原因は攻撃の目を潰しに来るところ。
あんまり潰せなかったね。
その第一次防衛ラインがいつもは強力で破れなかったのだが、
そこで捕まえられないので、東京の選手全員がいい所が出して活躍。

うちの選手のパス能力が向上したのか、ダニーロが悪かったのか、
前者のような気がするけど、鹿島の潰しはいつものように機能しませんでした。


今回のように、まともに勝負に行って勝つ事は予想外でした。
勝つとしたら、判定や鹿島がミスするとかスタミナが切れるとか、
シュート打てども入らない病とか、そういう他力本願なものしか
想像できませんでした。

久しぶりに積極的な攻撃というものを見た。
と言っても去年までのリスキー過ぎる攻撃とも違う。
守備は全然なので、そこが強くならないと常勝チームにはなり得ないと思う。
今一番強いのは清水、鹿島、大分って感じかな。
東京はまだまだっすね。
今回の積極的な戦い方をベースにやれるようになれば、安泰なんだけど、
たぶん優勝とかなんかプレッシャーや負けたくないという気持ちが少しでもちらつくと、ダメだと思う。
だが今回の試合で相当自信つけたと思う。続けて欲しい。


大竹の左足は素晴らしい。
あのシュートは左足で狙って入れたとはわかるんだが、
何度リプレーしてもどう打ったのか良くわからない。
マジックだね。
by el_cabezazo | 2008-10-27 15:52 | FC東京
<< ジェフ千葉の奇跡的な残留 ちょっとうけた。 >>