人気ブログランキング |
ジェフ千葉の奇跡的な残留
朝、もよりの京王線飛田給駅改札付近では、
川崎サポ:ベルディサポ=100対1ぐらい圧倒的な人数差。
そう言えば味スタはフッキに掻き回されたチームダービーだっけ・・・
でも優勝と降格が掛かってるゲームなんだよなぁ~などと思いながら、
一路、ソーセージ盛り・サマナラカレーの蘇我スタジアムへ。
ん~フクダ電子アリーナって名前だっけ。

FC東京はこの試合に勝てば、ACL出場の可能性があったり、
順位を上げて賞金をなるべく多く貰うとか、
今期の目標であった「優勝争いに絡んだよ~!」
と言うのに相応しい順位を手に入れる事が出来ます。

千葉の場合は、この試合に勝たなければ降格決定!
たとえ勝っても他のチームの結果次第でしかJ1残留できないという、
もう絶体絶命な状況です。


試合始まって、FC東京が先制するまでに、
これは千葉の勝ちは絶対に無いな・・・と確信しました。
多くの人もそう思ったんじゃないかな・・・。
当然のように東京に1点入り、2点入りして、
千葉サポーターの元気が無くなる頃、
1点すら取れそうも無いのに、これで千葉は3点取らなきゃ降格なんだから、
無理だ!と思った。まあ勝利の美酒にすでに酔ってた。
「宴もたけなわですが・・・そろそろ二次会に」
みたいなw

その二次会で、大惨事。二次なのに惨事ですよ!

カボレ、赤嶺、羽生、鈴木達也の動きが
ちょっと許容出来ないほど落ちて、あの大逆転劇が生まれたと思います。
その原因は、色々考えられるけど、
千葉のせいでも、審判のせいでもなく、自分自身にあると思う。

しかし、千葉の選手は最初から最後まで諦めないで良く頑張った。
情けない負け方で悔しかったけど、笑うしかなかった。
千葉の選手にも拍手。本当に必死だったしね。2点取られるまでも。
勝利の美酒を飲んでるはずが、飲まれてしまった。

なぜボールを支配して、圧倒的に東京ペースになると負けるのか?
主導権を得てるのに潰れていくのは、なんだかな~です。


帰り、傷心で疲れてがっかりして帰った。
座って帰りたかったので、京葉線から武蔵野線に乗り換えた。
途中でレッズサポが大量に静かに乗ってきた。怖わっ!
試合内容は知らないが、結果は携帯でみて知ってた。

そして、飛田給駅に着いた。
こんな時間なのに(9時半ぐらい)、ベルディサポがまだ居た。なぜまだ居る?
一言でも不用意に喋ったら殺されかねない雰囲気だった。

東京は酷い負け方したけど、全然大した事無いよw
そう思えた土曜の夜。
# by el_cabezazo | 2008-12-07 06:52 | FC東京
鹿島がキビキビ動いてた件
やれば出来るじゃん!出来る子じゃん!

ソガハタが通常のソガハタより3倍早い!
シャー専用赤いソガハタだ!

もっとのらりくらりと、出来るだけプレーしない時間を長く取る。
転んだら起きない、判定にはいちいち文句言う。
しかしリスタートと攻撃の芽を潰しに来るのは超早い。
それが鹿島だったはず。

しかし、今回のそれは鹿島のサッカーじゃないわけで、
点差以上にFC東京ペースだったと思う。

何が狂ったかといえば、最大の原因は攻撃の目を潰しに来るところ。
あんまり潰せなかったね。
その第一次防衛ラインがいつもは強力で破れなかったのだが、
そこで捕まえられないので、東京の選手全員がいい所が出して活躍。

うちの選手のパス能力が向上したのか、ダニーロが悪かったのか、
前者のような気がするけど、鹿島の潰しはいつものように機能しませんでした。


今回のように、まともに勝負に行って勝つ事は予想外でした。
勝つとしたら、判定や鹿島がミスするとかスタミナが切れるとか、
シュート打てども入らない病とか、そういう他力本願なものしか
想像できませんでした。

久しぶりに積極的な攻撃というものを見た。
と言っても去年までのリスキー過ぎる攻撃とも違う。
守備は全然なので、そこが強くならないと常勝チームにはなり得ないと思う。
今一番強いのは清水、鹿島、大分って感じかな。
東京はまだまだっすね。
今回の積極的な戦い方をベースにやれるようになれば、安泰なんだけど、
たぶん優勝とかなんかプレッシャーや負けたくないという気持ちが少しでもちらつくと、ダメだと思う。
だが今回の試合で相当自信つけたと思う。続けて欲しい。


大竹の左足は素晴らしい。
あのシュートは左足で狙って入れたとはわかるんだが、
何度リプレーしてもどう打ったのか良くわからない。
マジックだね。
# by el_cabezazo | 2008-10-27 15:52 | FC東京
ちょっとうけた。
中国ユーザー、Microsoftの海賊版対策に激怒

インストールされているソフトが正規版かどうかの診断に合格しなかった場合、画面を真っ黒に変えるという、海賊版対策ツールをMicrosoft社が導入した事についての反応。


「どうしてMicrosoftが自動的にわたしのコンピュータに接続するのか。このコンピュータはわたしのものだ!」

「Microsoftには、わたしの同意を得ずにわたしのハードをコントロールする権利はない」

まあ、あるかもしれないな・・・。海賊版使っといて言うのもどうかと思うが。

「正規版が海賊版より安ければ、海賊版を買う人などいない」

オシム語録ですか?
これは真理でもあるが、海賊版が正規版より高いはずが無いので、
なんでも突き通す矛と、絶対突き通せない盾の戦いだな。


「プログラムを書いているときにコンピュータの画面が真っ黒になったら、おそらく重要な情報が失われるだろう。その損失を誰が埋め合わせてくれるのか」

「Microsoftの対策は、ユーザーのコンピュータに深刻な機能的ダメージを引き起こす。中国の刑法では、システムへの侵入やハッキングで起訴される可能性がある」

掲示板は何でもありだから、どんな記事でも都合よく書けるよね。
# by el_cabezazo | 2008-10-25 01:55 | その他
癖になっちゃわないカボレ
「カボレ早えぇぇぇ~~っ!!」
という事だけをスタジアムで確認するだけの作業に従事する皆さんこんばんは。

凄いロングシュートでしたね。
癖になっちゃうぐらいゴールを量産して欲しいものです。

茂庭のスピードがドイツワールドカップ以来ようやく戻ったのも朗報です。

全員攻撃全員守備で前と後ろが離れないようにしなければいけないと思います。
試合前から『お前はすでに死んでいる』状態のチームと接戦を演じてては、
まるでダメだと思う。
どうしても勝ちたいのはわかるけど、最後の方のサッカーで勝てるだったら、
最初からそれをやるだろ?的な・・・。
# by el_cabezazo | 2008-08-24 19:40 | FC東京
Bass×Bass
調布Ginzというライブハウスに、エレキベースデュオのTwinを聴きに行って来た。

たまたまネットを巡回してTwinを知って、そう言えば江川ほーじんのベースって凄かったよな~と、20数年前の爆風スランプのコンサートでほーじん氏の手の動きばっか見てた記憶が甦ったのでCD買って、せっかくだから生で聴こうかなと。

シビれた!!ちょー気持ちいい!!

f0135868_3203127.jpgBassの事は良くわからないけれども、ベースだけでこんなになるとは、凄い気がする。

一曲だけ妙に嫌な曲があった以外は、素晴らしかった。
なんだっけっかな~?
『鍾乳石は折ったらあかんやろ』みたいな曲だけは、不協和音過ぎて気持ち悪くなった。

江川ほーじん、爆風スランプ以来20数年ぶりに生の姿を見た。
何度観てもあの右手はどうやって演奏してるかわからん。
途中蚊に刺されて、刺されたところをベースで掻いてたのすら、ちゃんと違和感なく演奏になってた・・・あれは神業。

水野氏の大地のパワーを足から吸ってるだろ的な演奏も味があった。

まだスラップベースとフレットレスベースの音が頭の中をぐるぐる回ってる。

Twin 747
# by el_cabezazo | 2008-08-16 04:06 | その他
反町は後悔した方がいいんじゃない?忘れたいのかもしれないが。
日本 1-2 ナイジェリア

敗けたという事実を置いて、この試合だけに限れば、なかなかいい試合が出来たと思います。

ただ、こういう中盤を省いて前に蹴るサッカーをするんだったら、準備段階で大失敗だったと思います。

五輪本番で、ピッチ状態が悪い事と、暑い事は、始まる前からもう決まりきった事だったんじゃないかなと思います。その中で初戦のように運動量を基礎にして中盤でパスを廻そうとするサッカーをしようとした事は、失敗だったと認めていいんじゃないか。

ボールが走らず、海外の選手とやる経験が少ない選手も多い中で、暑いのにスタミナが必要なサッカーを志向するのは、理に適ってないです。

まあ事前に中盤を省略するようなサッカーで世界と戦えると予想するのも難しいかもしれないが・・・。

初戦の失敗を受けて、変えてきた事は評価出来なくは無いが、
このサッカーをするんだったら、五輪予選で平山が中心になってた時のサッカーを継続してやってれば良かったんじゃ?
あのまま続けていれば、監督の首が危うかったのかもしれませんが、そこで圧力に屈してしまった事がこのような準備段階での迷走を生んだ気がします。


選手の質から言えば、足りないものは、

・ピッチ状態が悪いとミスが多すぎ。ボールに対する集中力が全然足りない。いいピッチでやってて顔を上げて周りを良く観るという指導がボールに対する集中力を奪ってる気がする。ボールはイレギュラーする事が当たり前だという前提があった方が良いに決まってるだろう。

・相手がじれて来るまでしつこくパスを廻すという我慢強さの無さ。この我慢強さというか粘りが無い為に、相手は疲れず、無理目な単調な攻撃で自分たちは疲れるという悪循環。日本には行くか行かないかしかないんだよね。常に狙いながらも安全にボールを廻すという感覚が薄い。

・強引さとか、俺が決めるという気持ち。どこかでそういう気持ちを抑える力が日本社会には働くんだろうけど、原因やどうすればいいのかがよくわからない・・・。

・いろんな条件に対しての臨機応変さ。

・フィジカル

・監督の質

・準備期間の計画性の欠如。このメンバーでこんなサッカーをやる為に、4年も掛ける必要があるの?
今回、計画的な準備が出来てたとは到底言えないはず。
選手に負担を掛け、本来クラブチームでもっと育ってた選手が、行ったり来たりとかクラブとは違う役割をさせられたりで調子を崩してレギュラーになれなかったり、怪我したりで碌なことが無いばっかりでは、ダメだよね。代表チームに行ったら成長するような環境には、今のA代表も五輪代表も無い。

このあたり日本は改善していかないといけないだろう。



個人的に残念だったのは、梶山が前回早々に交代され、今回は途中から出てるのに、俺が決めるという気持ちが無かった事。一人交わしてシュートとか得意じゃん!なんでやらないかな・・・。動けないうっちーにパス出してる場合じゃないって。

まあ、あの場面で交代で出す方もどうかと思うけど・・・・。途中から出て仕事できる選手じゃないと思うけど。東京サポでも途中から出て梶山が仕事するイメージが沸かない。
持ってるイメージの梶山からすれば、昨日はむしろよく頑張った方だとは思うが。

あの時、もう内田が動けなくなってるんだから、そこを交代すべきだった。
パスが繋げない(ピッチ状態・選手の運動量)状況で、出す選手ではないだろう。どんな指示で出したのか聞きたいよ!

そもそも2点目取られちゃってからでは、勝つには時すでに遅し・・・って感じだが。
# by el_cabezazo | 2008-08-11 09:42 | 日本代表
久々の公式戦勝利!!wiiiiiiinn!!
名古屋グランパス 0-1 FC東京

試合前の予想では、先制するも追いつかれてドローと読んでいたのだが、1点を守り切って勝利。
薄氷を踏む思いでしたね。テレビで観てて胃が痛くなった。

調子を取り戻してきた茂庭が、前半で交代でどうなる事かと。
このくそ暑い気候で交代枠をCBで使うなんて、終わったと思いましたよ。

この試合、今野の右サイドバック(たぶん初めて観た気がするが)起用も、「なんで徳永が左で今ちゃんが右??」感じでしたが、意外にも守備だけで言えばここが適正なんじゃないかという程の安定感。頼もしかったです。
前半は名古屋が得意そうで東京が苦手なサイドからのクロスもほとんど無かったんじゃないかな。

後半は茂庭が消えて、右椋原、今野CBに入って随分不安定になってしまった。

瑞穂競技場のピッチ状態が悪かった為だと思うけど、名古屋はミスしまくりで、連戦の疲れもあったのか動きも悪く助かった面もあったと思う。

すごく何かが変わった(強くなった)とは思わないけど、名古屋に勝った事は大きいと思う。
いい流れで次戦に臨めるだろう。

平山はサボらずにパスを受ける動きを繰り返して、非常に良かったと思う。
シュート打つまでに相変わらずもたもたするけれど、あれだけ時間を与えてしまうと、
シュートの上手さはぴか一だからね~。
# by el_cabezazo | 2008-08-11 06:32 | FC東京
勝つための練習をしてないんじゃないかな。
ナビスコカップ準々決勝第2戦
大分トリニータ 1-1 FC東京

第1戦ホームで0-1で負けてるため、とにかく2点とって勝たなければいけない試合。
2点目が入らず負け。

1失点は相変わらずの失点。
正確なクロスを入れられて、ヘディングの弱いFC東京のディフェンスを狙われたもの。
またか!って感じ。まあ1点しか入れられてないから、失点よりも得点を奪えなかった事が反省点だろうね。よく頑張った感はあるけど、無駄に頑張った所も目に付く。


受け手の選手が次のプレーをしやすい場所に、ノータイムで次のプレーを想像できる場所に、パスを入れる事は普通にやれるようにならないとね。
これじゃやってる選手も疲れるだけで楽しくないだろう。

パス回しがハイスピードなので、ディフェンス側が対処できずに全然動けてない場面もたまにあってそれは面白いし、成長してると感じさせる部分だけど、どうせすぐにミスして相手に取られるので意味が無い気がする。そこを突き詰めたり伸ばしていくのは遠い道のり。

ゆっくりパスを廻すためにはどこで工夫すればいいか、どこをスピードアップさせなければいけないかを練習させた方がいいんじゃないかな。

プレッシャーが無いときのDFのもたもたしたパス回し禁止とか、バックパスした時に早く前にパス出す練習とか、横パス禁止で必ずパスは角度をつける練習とか、パスカットされたらカットされた選手は必ず全力疾走で取り返す練習とか、あるいはパスカットされたら全員全力疾走で戻る練習とか、パスした後に動かない選手を怒る練習とか(笑)

まあ、小平で、キャンプでどんな練習してるか知らないけど、なまじショートパスが上手くなったからそれにこだわって試合して、いい試合はするけどそれだけで勝つには力が足りないって事でしょう。

あと付け加えて、主審の田辺宏司は荒っぽくなりがちな試合を良くコントロール出来てたと思う。ロスタイムもちゃんと取ってたし。ちょっとインターセプトを狙った接触プレーには厳しすぎかなとは思う。まあ公平かどうかは、大分が東京以上にこの試合に賭けてたのか興奮気味で、わかりにくいけど。


ついでに、金崎夢生はなんで五輪代表に行ってないの?
あいつはヤバい。
# by el_cabezazo | 2008-08-07 10:28 | FC東京
外は暑そう。
f0135868_13203472.jpg
# by el_cabezazo | 2008-08-06 13:30 | その他
iPod shuffle
携帯を新しくしてLISMOが使えるので、Bluetoothで飛ばしてイヤホンで聞けるような装置を買って、それで音楽を聴いてたんだけど、音楽を聴いてるときは、携帯がいじれないのが不便で、なんとなく気にはなってたiPod shuffleを購入。
この男らしい思い切ったシンプルさが素晴らしい。f0135868_12414876.jpg

こんなもんに500曲も入るとは。
30年前の人に言っても信じないだろう。

テレビの前にラジカセを置き、カセットテープに録音しておかんの声が入ったりとか、ラジオを録音して前後を消去したりとか、ダブルカセットで友達に借りたカセットをダビングしたりとかいう涙ぐましい努力の時代もあったよね。

インターネットでダウンロードとか、レコードの時代に想像もつかなかった。
音質さえ気にしなければ買わなくてもダウンロードし放題だし。(そんな時代は続かないかもしれないが)

未来の携帯型音楽プレイヤーはどんな風になるんだろう?
イヤホンレスで脳に直接音楽を聞かせるとかかな。

30年後の人教えて!!
# by el_cabezazo | 2008-08-06 13:05 | その他